返済できなくなった場合どうする記事一覧

知らないと損する「債務整理」の基礎知識

借金苦から抜け出す第一歩!現在消費者金融からの借金を返せなくて困っている人はおよそ150万人から200万人はいるといわれています。そのうち自己破産の申立てをした人は平成17年ではおよそ18万人です。このほか厳しい取立てに耐えかねて夜逃げした人が10数万人、経済的理由で自殺した人はおよそ9000人(平...

≫続きを読む

返済不能になった場合に自己破産か債務整理か?

返済不能になった場合はどのような方法で、解決するのが一番いいでしょうか。基本的には、自己破産をすれば借金がゼロになります。自己破産とは、生活必需品などを除いた大半の財産を換金して返済にあてる代わりに、残こりの借金については責任を免除(免責)してもらう手続です。・免責を受けるまでの間は一定の職業につけ...

≫続きを読む

借金の時効について

金融業者からの借金の時効は5年です金融業者からの借金の時効は5年ですが、業者から内容証明で催告書が来てるとなると、時効がほぼ成立しません。基本的に時効の考え方は債権者が債務の請求をしてない期間が一定の期間を過ぎた場合に時効が有効となるので、このケースだと常に催促している訳ですから時効は諦めた方が良い...

≫続きを読む

消費者金融や銀行からの債権を踏み倒しした場合

人によって、いろいろな事情はあると思いますが、人によっては返済のためのお金を新しく借入するという「自転車操業」、いわゆる「多重債務」に陥ってしまうパターンが最近増えています。一度そうなると立て直すのはかなり難しくあとは借金がどんどん膨らんでいく傾向にあります。多重債務者になりますと、自分の収入だけで...

≫続きを読む

自己破産をするとどうなるか?

自己破産に対する情報をインターネットで拾ってみました。さて、どれがデマ情報か分かりますか?? 戸籍や住民票に記載される。年金がもらえなくなる。選挙権がなくなる。給料がしばらくの間、自由に使えない。一生、ローンやクレジットカードを利用できない。子供の就職に不利になる。印鑑証明書がとれなくなる。海外(旅...

≫続きを読む

過払い請求でブラックリストに載る?

払い返還請求で事故情報扱いを改めない貸金業者個人信用情報機関「全国信用情報センター連合会」が、過払い金請求した債権者について、現在も「延滞」「債務整理」などの事故情報として登録していることが分かりました。仙台地裁で続いている過払い金返還訴訟で、原告の男性が入手した全情連の信用情報記録開示書で明らかに...

≫続きを読む

借金地獄を抜け出すのに自己破産と踏み倒し?

キャッシングを利用して得たお金は自分のお金ではありません。他人から借り入れしたお金なんですね。そのため返済しなければならないのですが、その返済ができないとき、どのような方法があるでしょう。どうしても返済が難しい場合の対処法として弁護士に相談するのが一般的な方法でしょう。しかし、どうにかして借金から逃...

≫続きを読む