プロミス審査 即日融資も可 申し込み方法 

知らないと損する「債務整理」の基礎知識

借金苦から抜け出す第一歩!

 

現在消費者金融からの借金を返せなくて困っている人はおよそ150万人から200万人はいるといわれています。

 

そのうち自己破産の申立てをした人は平成17年ではおよそ18万人です。

 

このほか厳しい取立てに耐えかねて夜逃げした人が10数万人、経済的理由で自殺した人はおよそ9000人(平成15年)といわれています。

 

しかし、夜逃げをしても借金はなくなりませんし、自殺すれば残された家族が悲しみます。

 

そもそも借金のために夜逃げや自殺する必要はありません。
借金を整理すればいいのです。それが債務整理です。

 

借金の整理方法には任意整理、特定調停、自己破産、個人再生などがあります。

 

これらの方法を用いることにより借金は必ず整理できます。

 

勇気を出して借金を整理するために、債務整理、主に任意整理についての基礎知識を学びましょう。

 

債務整理とは

 

債務整理とは、自力で借金の返済が困難になった場合、「裁判所」や「弁護士」の力を借りて、借金の減額・免除、返済期限の延長などをし、今後の生活を安定させ、通常の生活を取り戻すことを言います。

 

利息制限法という法律で、利息の上限が決まっています。

 

債務整理には主に次の方法があります。

 

任意整理−裁判所を利用しない債権者との和解する方法

 

 

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せず、司法書士などの専門家が私的に債権者と話し合いをして、借金の減額や利息の一部カット、返済方法などを決め、和解を求めていく手続のことです。

 

特定調停−裁判所を利用して、借金を減らす方法

 

自分の代わりに調停委員が債権者と話し合いをしてくれる特定調停とは、裁判所を通した任意整理のようなものだと言えます。

 

任意整理と違って裁判所に出向く必要がありますが、債権者の協力を得やすいというメリットもあります。

 

借金を減額し、3年程度で返済する「利息制限法」により、借金額を計算しなおし、支払過ぎていた利息分を元金へ充当します。再計算(減額)した借金を3年間程度で返済します。

 

自己破産

 

自己破産とは、裁判所に「破産申立書」を提出して「免責許可」というものをもらい、全ての借金をゼロにするという手続きです。

 

破産ができるのは、「支払い不能」となった場合です。支払い不能というのは、債務者の負債の額、収入、資産等の状況から総合的に判断されます。

 

自己破産のメリット

 

全ての債務の支払い義務が免除されます。
手続開始後は債権者は強制執行(給料差し押さえ等)ができなくなります。
ある程度の財産は、手元に残すことができます。

 

自己破産のデメリット

 

借入が今後約5〜10年間できなくなります(いわゆる「ブラックリスト」)

 

住所氏名が、「官報」という国が発行する機関紙に掲載されます。

 

責決定を受けるまで、警備員や士業など一部就けない職業があります。

 

借金苦から抜け出す方法は、いろいろありますので、夜逃げしたり、自殺したりしますとかえって問題を大きくすることになりますので、思い切って弁護士や司法書士と相談しましょう。

 

プロミスのお申し込みはこちらから↓ ↓ ↓

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。 ・アダルト関連の記事を扱うサイト ・誹謗中傷を主としたサイト ・著作権侵害の恐れがあるサイト
プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。 取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

関連ページ

ブラックリストとは
お申し込みはあなたのお近くのインターネット、自動契約機、プロミスコール、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、郵送、三井住友銀行ローン契約機からお申込みいただけます。
ブラックリストといわれる期間は何年か
お申し込みはあなたのお近くのインターネット、自動契約機、プロミスコール、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、郵送、三井住友銀行ローン契約機からお申込みいただけます。
債務整理や自己破産でブラックリストに載る?
お申し込みはあなたのお近くのインターネット、自動契約機、プロミスコール、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、郵送、三井住友銀行ローン契約機からお申込みいただけます。
申し込みブラックについて
お申し込みはあなたのお近くのインターネット、自動契約機、プロミスコール、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、郵送、三井住友銀行ローン契約機からお申込みいただけます。
過払い請求でブラックリストに載る?
お申し込みはあなたのお近くのインターネット、自動契約機、プロミスコール、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、郵送、三井住友銀行ローン契約機からお申込みいただけます。