クレジットカード キャッシング金利

クレジットカードのキャッシングの金利 

ショッピングの場合、翌月払いや2回払い、ボーナス一括払いの場合は、金利はゼロです。

 

 

?ですから、分割6回払いにすると金利がついてきますが、ボーナース払いにすれば6か月後、金利0円で6回払いと同じことになります。ボーナス二回払いは金利ゼロのカードもあれば、金利が必要なカードもあります確認しましょう。

 

 

一方で、クレジットカードのキャッシングの金利は、100万円未満の場合で18.0%、100万円以上で15.0%が多いようです。

 

 

これらはカード会社によって異なる以外にも、クレジットカードのグレードによっても変化し、ゴールドカードなどでは金利が低くなります。

 

 

これは、カード発行時に、カード保有者の審査を行っており、一般にゴールドカード保有者のほうが信用力が高く、カード会社にとっては、リスクが低く、お金を貸すことができるためです。

 

 

クレジットカードのキャッシングの金利水準は、消費者金融とほぼ同じ水準です。これは、ともに貸金業法により上限金利が決まっているためです。

 

 

上限金利は、10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は年15%となっています。

 

 

ただし、100万円以上の借入を希望する場合は、クレジットカードのキャッシング、消費者金融、銀行カードローンの各サービス、各会社によって金利に差が出てきますので、金利条件を比較することにより、賢く利用できるでしょう。

 

 

関連ページ

クレジットカード現金化
クレジットカードのキャッシング枠については、会社によって金額が異なるわけですが、最初からいきなり50万円とかの枠をくれるとは考えられません。 したがって、そのような場合はショッピング枠を利用して効率よく現金化する方法があります。
デビットカードを利用しよう
原則、口座残高を上限として、ご利用の都度、口座から取引金額の引き落とし、或いは取引金額相当分が留保される為 支出の管理がより簡単になります。発行会社によっては、Visaデビットご利用の都度、あらかじめ登録頂いたメールアドレスにメールで通知したり、後日、ご利用履歴をWeb上で確認できるサービスも提供されております。
カード払いでマイルを貯める
飛行機に乗らずに、地上で貯めるマイルを「陸(おか)マイル」と呼びます。地上で普通にマイルを貯める方法はいくつかありますが、最も手短で手っ取り早い方法は、クレジットカードを利用することです。カードごとのマイルやポイントのプログラムを活かすことで、生活しながらマイルを貯めていくことができます。
クレジットで人気のカード会社はどこ?
クレジットカードの会社によっては、やはり審査が緩やかなところと厳しいところがあります。厳しい会社はそのかわりに、そのカードを持つことが「ステイタス」になるようなカードを発行しています。ですから、過去に金融事故などがあっていわゆる「ブラック」(実際にはそういう呼び方はないですが)といわれる方は、カードローン、クレジットカードなどどこも通らない場合がありますよね。
クレジットカードローンのリボ払いで借金地獄
クレジットカードのリボ払いは、借金地獄に陥る人が多い支払い方法とされています。毎月、一定金額を返済すれば良いという事で、ローン返済を繰り越していると、自分でも気が付かないうちに支払総額がどんどん増えて、返済できない金額になってしまうのです。
クレジットカードの支払いを数回遅延した場合
クレジットカードや消費者金融のカードローンの支払いを数回遅延した場合、ブラックリスト(事故歴)に載りますでしょうか?支払いの遅延は、基本的に2〜3週間以内の遅延が1回〜2回くらいの場合は、許容範囲なのでしょうが、支払いの遅延が、”3ヶ月以上連続”となると、通常の引き落としをしていただけずに、コンビニからの振込み票にて支払うようになります。
Tポイントが貯まるクレジットカード
Tポイントは、非常に知名度が高く、貯まりやすさも抜群のポイントです。街中の買い物でTポイントを貯めるには年会費無料のTカードや、Tポイントが貯まる機能付きのクレジットカードを持てばいいわけですが、クレジット決済でポイントが貯まることを考えると、やはりクレカ機能を持ったカードに申し込んだほうがお得だといえます。
正しいクレジット現金化業者の選び方
ほかの金融業者から借り入れができなくて、クレジットカードの現金化をしようと思い、インターネットで検索したり、ランキング比較サイトを見比べたりしても、結局どこも同じようなことが書いてあり、お問い合わせメールで問い合わせても、最初の段階ではどこも換金率の高い間違いのない業者のようなことを言います。
クレジットカード盗難保険のメリット
もしあなたが、外出中にどこかで、100万円の現金の入った財布を落とした場合や現金の入ったカバンを盗難にあった場合にどうしますか?もちろん、紛失届を警察に出される場合が多いと思いますが、ほとんどの場合、落とし物や盗難品は自分のもとに帰ってくることはないでしょうね。