プロミス審査 即日融資も可 申し込み方法 

『ステマ』とは

ステマとは、ステルスマーケティングの略称

 

 

販売促進のため、表向きの広告戦略ではなく消費者に気づかれないよう、裏でこっそり情報操作をすることで、購買意欲を向上させるためのマーケティング。スマホに似ている言葉だが、全く意味が違うネットスラングであるので誤解しないようにしよう。

 

さてこのステルスマーケティングですが、ステルスなだけに我々にバレにくいよう、水面下で非常に巧妙な手口で印象操作を行っている。例えばサクラのような活動はステルスマーティングの一環だが、そのサクラ自体をサクラだと気づかない消費者も多いので、このようなマーケティングが成立するのだ。具体的な例で言えば

 

 

・待ってましたと言わんばかりに新商品発売の為に長蛇の列を作る。

 

・消費者を装いブログで商品をとりあげる。

 

・ツイッターを利用して商品の良さをアピール。

 

・2ちゃんねるなどで、ライバル商品のネガキャン。

 

・amazonやiTunesのレビューで好印象を与える投稿をする。

 

 

そんなバカな!消費者がそんな簡単にだまされるか!と思うかもしれませんが、消費者の6割は口コミを信じて商品を購入すると言うデータが出ております。

 

ネット上の口コミ情報のアンケート調査

 

つまり、『これがみんなの意見なんだ!』と洗脳させれば、なんと6割が買ってしまうと言う恐ろしい深層心理を突いた口コミのマーケティング、それがステルスマーケティングなのです。

 

極論を言うと、商品がただの水道水でも、マスコミの煽りによって『長蛇の列ができました!2週間待ちです!』なんて報道すれば、たちまち消費者は買いたくなってしまうのです。(余談ですが、以前同じような現象がおきてましたね。ただしオイルショックのような類とはまた別モノですのでご注意を。)

 

 

しかし、これら手法が必ずしもステマであるかどうかは判別付きません、だからこそステマなのですが、時折サクラやら、ヤラセ問題が表面化し新聞沙汰になってしまうこともしばしば。つまりこれらの手法はうまくいけば売上促進に繋がりますが、バレてしまえば風評被害を招くと言うもろ刃の剣。ましてや、ネット上ではこれらステルスマーケティングにはシビアな世界でもあるので、ひとたび発覚すれば炎上は免れません。

 

 

だからこそ、業者もあの手この手で印象操作を行い、売り上げに繋げるのです。そのためのコンサルやら、広告代理店がいるわけですが、実は良く考えれば今に始まったことではないわけです。

 

ではなぜ最近『ステマ!ステマ!』と盛んに揶揄されているのでしょうか。
それは察しの通り、ネット上ではステマがバレやすくなってきているからです。

 

 

Twitterなどでも誰かがチクれば成立しないし、逆にデマ情報が広がりやすい。ステマがデマを呼び風評被害を呼び起こすという悪循環。

 

しかも、現在ネットで言われている『ステマ』は例えば『ネトウヨ』『在日』等の煽り文句と同レベルの使われ方しかせず、本来のステルスマーケティングとはまったく因果関係の無い別次元のスラングになりつつあり、言ってしまえば、ネトウヨ・在日・情弱に続く単なる煽り用の『流行語』になっているのです。最近ウイルスのようにマルチポストされ続けるのもそのためだと考えられます。

 

 

そう言った意味でもステルスマーケティングの言葉自体がステルス化され有耶無耶になっていくことを想定すると、利用者としては逆に好都合なのかもしれない。

 

 

化粧品ブランドのberoad

 

 

化粧品ブランドのberoadでは大手コスメ系クチコミサイトで自社製品のアイライナーが高評価を獲得、クチコミランキングのトップ3にランクインしていたそうなのですが、その途端根拠のない、しかも商品と関係のない「ヤラセの口コミが多いのではないか?」とユーザーに書き込まれた結果、商品を使ったことがない他の人からもなぜか低い評価をつけられてしまったそうです。

 

それだけならまだしも高評価のコメントが叩かれるという事態になり、ランキング対象外の商品としてランキングから削除されてしまいました。商品の質が悪くて評価が低いのであれば、それは消費者にとっても有益な情報ですが、そうでないならばクチコミの意味がなくなってしまいます。

 

口コミサイトは消費者にとっては有益な情報が掲載されていますが、個人の飲食店や中小企業の場合意図しないところから大打撃を喰らってしまう可能性もありますので、口コミを書くユーザーもその場の勢いで書くのではなく、自分の発言が他者へ少なからず影響を与えることを認識し、責任を持って書くように促さなければならないのかもしれないですね。

 

もちろん、人の感じ方は様々です。ある商品を見ていいと思うかどうかは自由。しかし、書かれていることを何でも鵜呑みにするとせっかく良いものと出会えるチャンスもムダにしてしまうかもしれない。また逆のパターンも考えられます。

 

見る側は「100パーセント信じられるとは限らない」、「信用できる評価でもあくまで他人の主観」ということを踏まえ、「商品と関係ある情報なのか」という考えを頭の隅に置いて見た方がよさそうです。中には有益な情報もあるのですから、クチコミサイトは賢く使っていきたいですね。

 

 

満足の口コミは不満の口コミの半分くらいしか出てこないのでは?

 

別に実験した訳でもなんでもないので感覚値なのですが、満足した際の口コミって不満に感じた人の口コミの半分以下しかネット上に出てこないのではないでしょうか?

 

だって、満足したら満足した気分を満喫すれば良いわけだし。不満に感じた場合は人間どこかに鬱憤を晴らさざるを得なくなります。そうすると、その不満の元凶に対して悪評を付けてやればいいわけですからね。

 

そう考えると、食べログで3点台なのに美味しいと評判のお店があってもおかしくはないですよね。美味しいと思って通ってる人は別に高評価は付けないけど、例えば店員と揉めたり不手際があったりと不満に感じた人が悪評を付ければ点数は下がるわけですから。

 

「人間そんな悪い奴ばっかりじゃない。善い人だっていて、きちんと評価してくれているはずだ」と思う人もいると思います。ただ、善い人だからといってお店のために高評価の口コミをわざわざ書き込む人は、むかついて悪評価を付ける人に比べたら遙かに少ないはずなんです。そう考えると、ネット上での評価をそのまま鵜呑みにすることは危険性を孕んでいるなと思う訳です。

 

 

プロミスのお申し込みはこちらから↓ ↓ ↓

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。 ・アダルト関連の記事を扱うサイト ・誹謗中傷を主としたサイト ・著作権侵害の恐れがあるサイト
プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。 取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

関連ページ

キャッシングのQ&A 1
お申し込みはあなたのお近くのインターネット、自動契約機、プロミスコール、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、郵送、三井住友銀行ローン契約機からお申込みいただけます。
キャッシングのQ&A 2
お申し込みはあなたのお近くのインターネット、自動契約機、プロミスコール、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、郵送、三井住友銀行ローン契約機からお申込みいただけます。
信用情報の関するQ&A
お申し込みはあなたのお近くのインターネット、自動契約機、プロミスコール、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、郵送、三井住友銀行ローン契約機からお申込みいただけます。