プロミス審査 即日融資も可 申し込み方法 

カードローンの金利(利息)計算方法

カードローンは銀行などの借入金と違い小口のことが多いですから金利が高いのが一般的です。

 

何故かといえば、金額が多くても少なくても、手数は同じようにかかるからです。

 

カードローンの利息の計算は、簡単な計算式で算出できますから、借り入れをしたときご自身で計算をして、返済計画を立て、確実な方法で期日内に返済をすることが、大切です。

 

カードローンなどで、いくらの金利(実質年率)でいくら借りたかが分かれば、そのカードローンでどのぐらい利息を払っていくことになるかが計算できます。ただし、キャッシングローンは、借りた日数だけ利息がかかることになっています。ですから。利息の計算には何日借りたかという情報も必要です。

 

利息の計算式

 

元金×金利×借入期間=利息

 

たとえば、元金50万円、年利18%、のローンを90日で返済したとしますと

 

50万円*18%÷365*50日=12328円  という計算になります。

 

非常に単純な計算ですが、ローンは借入期間が短いほど、負担する利息は少なくて済みます。したがってローンの総支払額を少なくするには、できるだけ繰り上げ返済などを行って短期間で完済することを心がけることが大事なのです。

 

いずれにしても、自動車ローンや住宅ローンなどと比較すると、カードローンは非常に金利が高く設定してありますので、経済的に許すならば、できるだけ早く、返済をされることをお勧めします。

 

 

無利息キャンペーンを利用して金利を抑える

 

最近は、いくつかのカードローン会社がキャンペーンとして、無利息キャッシングサービスを提供しています。
無利息キャンペーンは、キャッシング会社側が定めた一定期間、無利息でキャッシングができるというサービスになります。 30日以内に返済できるという方には、まさにうってつけのサービスになります。

 

低金利のカードローンを利用する

低金利のカードローンは技巧系のカードローンが多く採用しています。
審査基準が多少厳しくても低金利であることを重視するなら、銀行本体のカードローンのほうが良いでしょうし、柔軟審査を重視した上で、低金利なカードローンを検討するなら銀行系消費者金融のなかで検討して見てはどうでしょうか。

 

低金利の銀行ローンはこちらから

 

それから、このサイトをご訪問頂いた方だけに、金利を安く抑える裏ワザをお教えしたいと思います。

 

どこからお金を借りても利率を下げられる裏技はこちら

 

プロミスのお申し込みはこちらから↓ ↓ ↓

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。 ・アダルト関連の記事を扱うサイト ・誹謗中傷を主としたサイト ・著作権侵害の恐れがあるサイト
プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。 取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

関連ページ

カードローンの利息と借りいれ限度額
お申し込みはあなたのお近くのインターネット、自動契約機、プロミスコール、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、郵送、三井住友銀行ローン契約機からお申込みいただけます。
グレーゾーン金利とは
お申し込みはあなたのお近くのインターネット、自動契約機、プロミスコール、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、郵送、三井住友銀行ローン契約機からお申込みいただけます。
お金を借りて利率を下げられる裏技
お申し込みはあなたのお近くのインターネット、自動契約機、プロミスコール、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、郵送、三井住友銀行ローン契約機からお申込みいただけます。
72の法則を知っていますか
お申し込みはあなたのお近くのインターネット、自動契約機、プロミスコール、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、郵送、三井住友銀行ローン契約機からお申込みいただけます。
時間外手数料なしでATMからお金をおろす
お申し込みはあなたのお近くのインターネット、自動契約機、プロミスコール、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、郵送、三井住友銀行ローン契約機からお申込みいただけます。