プロミス審査 即日融資も可 申し込み方法 

カードローンの返済方法

カードローンの返済方法記事一覧

ローン返済方法について

返済方法は大きく分類して3種類あります。キャッシングやカードローンで一般的なものは、リボルビング返済方式、通称リボ払いと言われている返済方法です。その他にも、元金定額返済方式(元利定額払い)や元利均等返済方式(元利均等払い)などがあります。自分のスタイルに合った返済方法で会社を選ぶのもキャッシングを...

≫続きを読む

カードローンの返済が遅れた時

カードローンの返済が遅れた場合にどのようなことになるでしょうか?ローンの返済は、コンビニで振り込むとか、銀行からの引き落としとかの方法で返済されますが、どちらにしても、借りた側から意志ををもって、行動しないとつい忘れた、銀行に入金を忘れたというようなことが起こります。金融機関から、引き落としができな...

≫続きを読む

多重債務整理にはおまとめローン

借りいれ件数が増えて多重債務の状態このような時、借入れを1社にまとめてしまい月々の返済を軽減する方法が「おまとめローン」です。おまとめローンのメリットとしては、月々の返済額が減るとか複数の業者に返済しなくてよいので手間が省けるなどがあります。デメリットとして大抵は保証人付になってしまう。低金利じゃな...

≫続きを読む

カードローンの支払いを数回遅延した場合

カードローンの支払いを数回遅延した場合にどんなことになるのか。カードローンを利用している場合、「未払い」、「滞納」、「延滞」、「不払い」、「支払遅延」といった、約定日に残高不足で引き落としができない、などということが起こることがあります。銀行のカードローンであれば、保証会社から、銀行系消費者金融の場...

≫続きを読む

過払い金の請求返還を拒否された

過払い金の請求できる期限もあと少しとなり、駆け込みで結構多くの請求が増加傾向にあるそうですここにきて、過払い金を請求しても、返還を拒否する業者が現れ対応に苦慮している弁護士先生が見えます。過払い金請求の手順としては、内容証明が相手方に届くと、通常は、相手方から返信の手紙、ないしは電話連絡が入ってきま...

≫続きを読む

借金は何年間で時効となるか?

借金は、最後の返済日から一定の期間が経過すると消滅時効が成立します。その期間は、貸主か借主のいずれかが商法上の商人であれば5年となり、いずれも商人でない場合には一般的な債権として10年(民法167条)となります。したがって、消滅時効期間を判断する際には、貸主が商人であるか、借主が商人であるかどうかが...

≫続きを読む

借金の時効について

金融業者からの借金の時効は5年です金融業者からの借金の時効は5年ですが、業者から内容証明で催告書が来てるとなると、時効がほぼ成立しません。基本的に時効の考え方は債権者が債務の請求をしてない期間が一定の期間を過ぎた場合に時効が有効となるので、このケースだと常に催促している訳ですから、時効は諦めた方が良...

≫続きを読む

数年後に返せなくなる住宅ローン返済

自己所有の戸建てやマンションを購入される場合、現金でという方はあまりいませんね。ほとんどの方が、銀行か、金融公庫のローンを組んで見えるかと思います。でも、その金利のことを本当に理解されて見える方は少ないのではないでしょうか。ある調査によりますと、ほとんどの方が変動金利や3年以内の固定金利型の住宅ロー...

≫続きを読む

恐ろしい住宅ローンの仕組みとは

住宅ローンの仕組みについて、知っておいて頂きたいと思います。住宅ローンで大事な事は、金利の仕組みについてです。住宅ローンの金利の種類は以下の3つがあります。@ 固定金利住宅ローンこれはフラット35などのように全期間金利が変わらないものです。住宅金融公庫も2、3回金利が変わりますが通常はこの分類に入り...

≫続きを読む

借金は無くならないようにできている?

消費者金融の借金は、普通に返していては無くなりません。無くすにしても莫大な時間がかかります。(平均4年〜6年位)どういうことかというと、元々、消費者金融とはそういうシステムになっているのです。このシステムを理解していないと、上手に借金を返済することはできませんし、金融システムの根本を理解することは、...

≫続きを読む

自己破産のデメリット

最近の不景気によって、簡単に自己破産をされる方が多くなってきていますが、自己破産とはどういうことでしょうか。自己破産の件数が増えています。計画性のないキャッシングなどを繰り返すうちに、多重債務に陥り、返済できなくなってしまう人が多くなっているのです。中には「イザとなったら自己破産すればいいから」と、...

≫続きを読む

消費者金融で返済が遅れた時

消費者金融やクレジットカードでブラックリストなるものに登録されるのは、どれくらい支払いが遅れたらなるのでしょうか?消費者金融で借り入れた場合、カード利用の場合とそれぞれに審査の際に与信情報を確認します。この人は何社からいくら借り入れて、残高がいくらで現在支払は遅れいないかなど、消費者金融に関しては、...

≫続きを読む

クレジットカードの支払いを数回遅延した場合

クレジットカードや消費者金融のカードローンの支払いを数回遅延した場合、ブラックリスト(事故歴)に載りますでしょうか?支払いの遅延は、基本的に2〜3週間以内の遅延が1回〜2回くらいの場合は、許容範囲なのでしょうが、支払いの遅延が、”3ヶ月以上連続”となると、通常の引き落としをしていただけずに、コンビニ...

≫続きを読む

返済不能になった場合に自己破産か債務整理か?

返済不能になった場合はどのような方法で、解決するのが一番いいでしょうか。基本的には、自己破産をすれば借金がゼロになります。自己破産とは、生活必需品などを除いた大半の財産を換金して返済にあてる代わりに、残こりの借金については責任を免除(免責)してもらう手続です。・免責を受けるまでの間は一定の職業につけ...

≫続きを読む

あなたは今いくら借りてますか?

 「なんとかなる」はなんとかならない事が多い。正に、借りすぎに注意をしよう!と言う事ですが、言うは安しで、なかなか具体的な行動はできないような気がします。もちろん、人によって収入や毎月の固定費が異なるので一概にどこまでが大丈夫で、これ以上が借りすぎと言えることではありません。皆さん平均、いくら借りて...

≫続きを読む

多重債務者は借り換えして金利負担を軽減する

借り換えとは、借り入れを金利の高い業者から低い業者に移し金利負担を軽減する事です。借り換えの問題点属性(借金している当人の職業など)が良ければ問題はないですが、既に借り入れしている状態であるので、そう簡単に金利の低いところ(銀行系は審査が厳しい)には審査が通らない場合があります。借り換えでの金利引き...

≫続きを読む

携帯電話・スマホの分割払い延滞

最近では、携帯電話が分割払いをすることが一般的になってきました。特に、高機能携帯電話であるスマートフォン(スマホ・スマフォ)は高額なこともあり、分割払いでの購入がごく当たり前となってきています。しかし、意外と知られていないのが、月づきの支払の中に含まれている、電話機本体の分割支払金です。請求書をよく...

≫続きを読む

返済不能になった場合

各種のローンや借入金の返済が、病気や、リストラ、収入減、天災、その他の諸事情によって返済不能におちいってしまうことがあります。でもそのような人たちも借金苦から脱出できる方法があります。それは「債務整理」といわれる方法で、手続で借金生活から救われる道があります。債務整理に対する十分な情報と理解があれば...

≫続きを読む

カードローンの裁判・強制執行

カードローンの返済が滞り、最終的には支払う気持ちがないというような場合は、金融会社は、ハガキの督促、電話の督促、自宅訪問、などをしますが、それでも解決しない場合は、裁判という方法で債権を回収しようとします。しかし、債権の金額にもよりますが、50万円以下のような場合、裁判費用が回収金額よりも多くなって...

≫続きを読む

延滞債務者とはどのような人?

銀行、あるいは消費者金融から借り入れをして、毎月の返済金が滞ってしまった場合に、返済が延滞されたといいますでは、どのくらい返済をしなかった場合に、延滞債務者といわれるのでしょうか。銀行での借り入れの場合は、特に規定はなく、返済が延滞した時に、債務者のほうに連絡が来て、延滞している理由とか、いつごろに...

≫続きを読む

返済金が遅れた場合の取り立ては

数十年まえの新しい消費者金融利息制限法が施行される、前は、大手でもかなりあくどい取り立てをしていたようで、家のドアに「金返せ!」とか夜中や早朝に取り立てをするなどのものが押し寄せるということがありました。しかし現在では、法律も整備されてそのような取り立ては、現在ではなくなりましたが、延滞が始まります...

≫続きを読む

返済ができなくなった場合の債務整理

平成20年のデーターによりますと、厳しい取立てに耐えかねて夜逃げした人が10数万人、経済的理由で自殺した人はおよそ9000人ともいわれています。しかし、夜逃げをしても借金はなくなりませんし、自殺すれば残された家族が悲しみますし、もし相続人がある場合は、その借入金も相続されますから、家族が大変です。そ...

≫続きを読む

消費者金融や銀行の債権を踏み倒し

人によって、いろいろな事情はあると思いますが、人によっては返済のためのお金を新しく借入するという「自転車操業」、いわゆる「多重債務」に陥ってしまうパターンが最近増えています。一度そうなると立て直すのはかなり難しくあとは借金がどんどん膨らんでいく傾向にあります。多重債務者になりますと、自分の収入だけで...

≫続きを読む

任意整理のメリットとデメリット

借入金が返済できなくなった場合は任意整理も考えましょう任意整理のメリット・借金の金額が減る。私的な債務整理方法であるため利息制限法による引き直し計算による元本減額以上の減額も場合によっては可能。・任意整理を弁護士や司法書士に依頼した時点で債権者からの督促が止まり、返済案がまとまるまで返済をストップす...

≫続きを読む

特定調停は自分でできる

債務整理方法の中で、唯一、弁護士・司法書士に依頼しなくてできるのが、特定調停です。特定調停の手続自分自身が裁判所に出向き「特定調停の申し出」をします。裁判所は「裁判所が選ぶ調停委員(仲裁してくれる人)が債務者(お金を借りている人)と債権者(お金を貸している会社)の、言い分を聞きながら、話し合いを進め...

≫続きを読む

個人再生法で借金返済

個人再生とは、任意整理の手続きでは返済していくことができず、自己破産はしたくないという人が利用します。個人再生手続きの1番の特徴は、住宅(持ち家)を維持しながらその他の借金を整理することができる点にあります。もちろん任意整理にでも、住宅ローンを除いて任意整理すれば同じことと思われるかもしれませんが、...

≫続きを読む

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。 ・アダルト関連の記事を扱うサイト ・誹謗中傷を主としたサイト ・著作権侵害の恐れがあるサイト
プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。 取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。