信用情報機関  審査

信用情報機関とは

日本の信用情報機関の顧客情報は審査に影響

キャッシングの審査に必要不可欠な外部の機関で、ここには利用者の個人情報・借入情報・事故情報などが登録されています。
現在、3つの信用情報機関がありますが、大まかに「消費者金融系」「銀行系」「クレジット・信販会社系」に分けられるようです。

 

(株)日本信用情報機構
消費者金融会社のほか、一部の信販会社も。5つのなかでもっとも加盟数が多い。

 

株式会社シー・アイ・シー(CIC)
銀行系、信販系、流通系のほか、自動車のディーラーなども。

 

全国銀行個人信用情報センター
銀行、信金や信組、また銀行系消費者金融やクレジット会社。

 


さて、自分の信用情報がどのように登録されているのか気になったりはしませんか?特に、審査に通らなかったときは「情報がまちがっているんじゃないか?」と思ったりはしませんか?

 

落ちるはずがないキャッシングやローンの審査に落ち続けるといった場合は、事故情報の登録が疑われます。
そのような場合、各信用情報機関に信用情報の開示を請求することをおすすめします。

 

例えば、同姓同名の方がいらっしゃる場合など、事故情報が他人と間違って記載されることもないわけではないので、疑わしい場合は開示請求をし、誤った情報が記載されている場合は訂正を求めることが可能です。

 

たとえば、キャッシングにもっとも関係ある全情連には「信用情 報開示制度」が設けられています。情報開示を申し込めば、無料で(ただし郵送の場合は切手代がかかります)確認することができます。必要なのは、運転免許書やパスポートといった本人確認ができる書類です。

 

即日融資も可能のおすすめキャッシングはこちら↓ ↓ ↓

 

 

 

自分の信用情報にまちがいがないか確認したい方は、問い合わせてみてはいかがでしょう?

 

キャッシングの審査は信用情報機関で

 

信用情報機関。なにやら物々しい名称ですが、これはキャッシングの審査には必要不可欠な外部の機関です。この信用情報機関には、キャッシング利用者の情報が登録されています。
では、どういった情報が登録されているのでしょう。

 

1. 個人情報
氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先 など

 

2. 借入情報
借入日、借入金額、完済日 など

 

3. 事故情報
延滞があれば延滞に関する情報 など

 

もちろん、キャッシングを利用したことがある人の情報しか登録されていません。キャッシングの企業は、その情報をチェックして、融資できるかどうか、またいくら融資するのかを決めるのです。

現在、日本には5つの信用情報機関があります。どこに加盟するかは、企業が選ぶことができるのですが、消費者金融系・銀行ローン系など業態によって分かれているのが現状です。

 

中でも最も多くの情報が登録されているのが「全国信用情報センター連合会」で、なぜならここに登録することが義務づけられているからです。

 

自分の情報が勝手に登録され、勝手に見られることに不快・不安になる人もいるかもしれませんが、これは企業が勝手に行うわけではなく、申込者の同意を得たうえで行っています。

 

実はキャッシングの審査は、これだけで決まるわけではありません。

 

信用情報機関は、外部の機関です。それぞれの企業の内部にも、過去のデータにもとづいた与信システムが確立されています。

 

この与信システムというのは、過去の利用者の中から、申込者に最も近い(似ている)人物をモデルとしてピックアップし、そのモデルの利用状況を見たうえで、申込者の今後を推測するという方法です。

 

つまり審査の結果は、外部の信用情報機関の情報、内部の与信システムの結果、さらに本人確認などによって決定するのです。

 

ここで、もうひとつおまけ情報。このほかにも、保険証が社会保険か国民保険かによっても審査は左右されることがあるようですよ。

 

関連ページ

信用情報機関の情報を甘く見るな!
クレジットカードやショッピングクレジット・携帯電話端末本体の分割払いの利用情報、住宅ローン・自動車ローン・教育ローン・キャッシング・カードローンなどの各種のローンや車のリース等の利用状況と残高・返済履歴が登録されています。
キャッシングの審査項目について
消費者金融でお金を借りようとしますと、まずは審査があります。その審査で、一番重要な項目は消費者金融界で呼ばれている属性です。申込書に記入する項目、つまり氏名・年齢・職業・家族構成などなどのことをいいます。
保証人と連帯保証人について
保証人が支払をしなければならないケースは、債務者が支払うことができない場合だけ です。債務者が支払うことができない場合というのは、例えば債務者が自己破産したとか、行方不明になって連絡がつかないなどが考えられます。保証人には以下で説明する「催告の抗弁権」と「検索の抗弁権」が与えられています。
消費者金融で審査が通らない
すべての人が審査を通るわけではありません。金融会社としては、お金を貸しても確実に返してくれる人物かどうか、信頼できるかどうか、返済が可能かどうか、審査をして見極めることはとても重要なことなのです。
カードローンの収入証明で嘘をついてもOK?
カードローンの収入証明の提出は、消費者金融系の場合は50万円まで、銀行系の場合は、銀行によって異なりますが、おおむね100万円から300万円くらいまでの借入枠の場合は、提出する必要がありません。
無職でもお金を借りれるか
消費者金融のカードローンの審査基準の中に、現在の職業という部分は大変重要視されます。 なぜならば、貸付をしても、返済する能力が無職ではありませんから、そのため「収入がある=仕事をしている」方に限りますから、収入の無い方への融資は行われません。
金融事故があってもお金は借りれるか?
金融事故があってもお金が借りたいという方は、初めに自分がどのような理由で、事故を起こしたのかを明確にすることが大切です。その、原因によって、借りれが可能な方法が違ってくるからです。
在籍確認なしカードローン
カードローンを申し込む場合は、原則として金融会社は、借りる人が、その住所に住んでいるか、その会社に間違いなく勤めているかなどという、いわゆる「在籍確認」というものを行います。でも、キャッシングをするということが、家族や会社に知られては困るという方も見えます。そのような方は、職場などに金融会社から連絡が来ると大変困ります。
消費者金融が「ご融資お断り」の人物
どのような方が、融資を断られるかといいますと、まず無職の人。働いていないということは収入がないということです。つまり、返済できる能力がないと判断されるワケです
キャッシングの審査に通りやすい人と通り難い人
キャッシングをする場合は、どんな小さな会社でも必ず審査があります。ご利用する会社の審査に申し込んで、その申込みに通過する必要があるのです。そのような審査において、利用者のどの項目が判断されるでしょう。